TEL
MENU

ホーム > Blog記事一覧 > ぎっくり腰 | にこゆり整骨院中野島院の記事一覧

寒暖差のギックリ腰

2024.02.24 | Category: ブログ

こんにちは。

にこゆり整骨院です。

 

最近既存の患者さんや新規の患者さんも、

寒暖差によりギックリ腰になってしまい来院されるのが多くなっています。

皆さんの身体の状態は違和感や少し痛みがあったりなどしていないでしょうか?

 

 

もしかするとギックリ腰の前兆かも知れません。

 

 

今回は寒暖差からくるギックリ腰についてのお話です。

 

 

ギックリ腰や他にも急な痛みが身体に出てしまうのは、

皆さん寒くなったから?と思われる方が多いと思います。

ただ寒さというより寒暖差が原因です。

 

 

なので一番多くなるのは9~11月や3~5月になります。

 

 

季節の変わり目というよりも寒暖差が良くないので、

夏場に冷房のところからいきなり外に出たりなどを繰り返す方はギックリ腰が多いです。

 

 

人の身体は温度差に凄く弱く、身体の血流が激しく変化することにより

筋肉が固くなってしまったりして急な痛みが出てきます、

体調も悪くなったりしてしまいますよね。

 

 

ただ全ての人に痛みが出るわけではないです。

普段から身体の状態が良くない方に強い痛みを引き起こします。

 

 

なのでしっかりとメンテナンスをして寒暖差を乗り越えていきましょう。

お困りの際は、ぜひ当院にご相談ください。

 

 

**************

 

南武線中野島駅から徒歩1分

~交通事故・労災・各種健康保険取扱い~

腰痛・肩こり・むちうち・打撲や捻挫・骨盤矯正、美容鍼などもお任せください

 

にこゆり整骨院

川崎市多摩区中野島6-25-10

TEL : 044-322-9030

Home

 

 

**************

ぎっくり腰に注意!

2023.07.14 | Category: ブログ

こんにちは。にこゆり整骨院です。

 

夏場のギックリ腰にご注意を!!

 

最近の異常なまでの暑さで、冷房をつけたという方も多いと思います。

今日はそんな冷房が原因で起きる、夏場のギックリ腰についてお話します。

 

腰痛は一般的に寒い時期に悪化すると思われています。

しかし、夏場でもエアコンなどの冷房による体の冷えや、

冷たい飲食が影響で腰痛になってしまうこともあるんです!

 

*夏に腰痛が増える主な原因*

 

①冷房による冷え

 

夏に起きる腰痛の原因のひとつに血行不良が挙げられます。

夏場の血行不良は、エアコンの冷房により体が冷えて起こりやすくなります。

冷房により体が冷やされると、筋肉や血管が収縮して全身の血の循環が低下します。

 

すると、体は寒さから命を守るために、

生命の維持に必要なさまざま臓器がある体の中心部に優先して血液を送るようになります。

結果、腰への血液の供給は後回しにされることになり、

血行不良により筋肉が硬直して腰痛を引き起こします。

 

さらに腰の筋肉がこわばった状態が続くと、血管が圧迫されることによる血行不良を

引き起こすという悪循環に繋がってしまいます。

また、屋内外の温度差による自律神経の乱れも夏の腰痛の原因です。

 

屋内が冷房で冷やされていることにより、気温の高い屋外と涼しい屋内で極端な温度差ができます。

 

温度差がある屋内と屋外の出入りを繰り返すたびに体に負担がかかり、

自律神経の乱れにつながります。

自律神経が乱れると体温や血流の調整がうまくできなくなり、

血行不良によって腰痛を引き起こすといわれています。

 

②食べ物や飲み物による冷え

 

夏になると、暑さで食欲がなくなることが理由でそうめんやざるそばなどの

冷えた食べ物を好むことが多くなります。

また冷えたビールやジュースなどを飲む回数が増えます。

 

しかし、冷たい飲食物を摂り続けると腎臓が冷えて機能が低下してしまいます。

腎臓の機能が低下すると、泌尿器系の働きが悪くなり腰痛につながることもあります。

 

冷たい食べ物や飲み物の摂りすぎには、十分注意しましょう!!

 

③運動不足による血行不良

 

夏は気温が高くなることから体力の消耗を懸念して

積極的に体を動かすことを避けようとするため、運動不足になりがちです。

 

運動不足によって筋肉量が低下すると体に必要な熱を作り出せなくなり、

血流が悪くなってしまい腰痛が起きます。

さらに筋肉量が減ると背骨を支える力が衰えるため、腰にかかる負担が増えて痛みにつながります。

 

気温が高くなる夏場は、屋内や涼しい時間を利用して運動不足にならないよう

ストレッチなどの適度な運動をすると血行不良が防げます。

 

デスクワークが増えて長時間同じ姿勢でいるときも筋肉が硬直して血流が悪くなるため、

同じ姿勢で座りっぱなしにならないように注意しましょう!!

 

*対策*

 

①体を冷やしすぎないようにする

 

人の出入りが多い場所、飲食店や電車の中は冷房の温度が低めに設定されていることが多くあります。

ですので、冷房対策としてカーディガンなどの羽織る物を持ち歩き、

衣類で上手くコントロールして体を冷やしすぎないようにしましょう。

 

②湯船に浸かる

 

夏は気温が高いことから、入浴時は湯船につからずにシャワーで簡単に済ませがちです。

しかし、体は日中の冷房で冷えているため、できる限り湯船に浸かって体を温めるようにしましょう。

毎日湯船につかることが難しい場合は、

2~3日に1回などでいいので、まずは日数を増やすことを意識します。

湯船につかる際は体を芯から温め、血流を良くするといいでしょう

お湯の温度は38~40度のぬるめに設定し、

みぞおちくらいまでつかり、入浴時間の目安は15分程度がおすすめです!

 

こういった対策をしても、夏場の腰痛に困っていてなかなか改善が見られない時は、ぜひ当院にご相談ください。

 

 

**************

 

南武線中野島駅から徒歩1分

~交通事故・労災・各種健康保険取扱い~

腰痛・肩こり・むちうち・打撲や捻挫・骨盤矯正、美容鍼などもお任せください

 

にこゆり整骨院

川崎市多摩区中野島6-25-10

TEL : 044-322-9030

Home

 

 

**************

所在地〒214-0012 神奈川県川崎市多摩区中野島6-25-10-102
電話番号044-322-9030