TEL
MENU

ホーム > Blog記事一覧 > 鍼灸 | にこゆり整骨院中野島院の記事一覧

秋のアレルギー対策🍂

2023.09.15 | Category: ブログ

こんにちは、にこゆり整骨院です🌱

 

少しずつ猛暑の終わりが見えてきて、秋を感じられる事が増えてきましたね☺️

この時期は、夏バテや、寒暖差、花粉やハウスダストなどで免疫が下がり、

アレルギー症状が出たりと体調を崩しやすい時期です🤧

 

花粉は、秋には有名なブタクサ・ヨモギ(キク科)
イネ・スズキ(イネ科)の飛散が始まります🌾

 

ブタクサの花粉の粒子は、春のヒノキやスギよりも小さいので
気管に入り込んで、喘息など引き起こすリスクが高いです⚠️

 

そしてハウスダスト
ほこりや、カビ以外にもダニの死骸やフンなどもハウスダストの1種です!

 

ダニは梅雨~夏に繁殖し、
9月頃に大量の死骸やフンを残します…

これが秋にハウスダストが増えると言われている理由です😱

 

一般的ですが、

*適切な内服薬、目薬、点鼻薬の使用

*原因植物の近くを通行したりすることを避ける

*帰宅したら玄関先で衣服に付着した花粉をはらう

*部屋の掃除、洗濯でダニの死骸、フンを除去。

 

 

アレルギーに良い食べ物をちょびっとご紹介🥢

◎ヨーグルト、バナナ🥛🍌
アレルギー対策は免疫対策!!

免疫upには腸内環境を整えるのが大切です♪

◎サバ、イワシ、サンマ(青魚)🐟
アレルギー誘発物質のヒスタミンを抑えるとされる、DHA・PHAが豊富です♪

◎緑茶🍵
アレルギー抑制効果のあるカテキン!!カテキンと言えば緑茶ですね♪

 

季節の変わり目、少し意識して体に良いものを摂り、
元気に過ごしたいですね😌

 

 

 

**************

 

南武線中野島駅から徒歩1分

~交通事故・労災・各種健康保険取扱い~

腰痛・肩こり・むちうち・打撲や捻挫・骨盤矯正、美容鍼などもお任せください

 

にこゆり整骨院

川崎市多摩区中野島6-25-10

TEL : 044-322-9030

Home

 

 

**************

台風頭痛とは?

2023.09.09 | Category: ブログ

こんにちは。にこゆり整骨院です。

 

9月になり台風が増えてくる時期ですね!
今日はそんな台風が関係する頭痛のお話しです。

 

●台風頭痛とは

 

台風が近づくと、頭痛や吐き気、めまいなどの症状が出る方がいると思います。

これは、台風による気圧の変化が原因で起こる「台風頭痛」と呼ばれるものです。

台風頭痛は、台風が通過する前や通過中に起こることが多く、症状は数時間から数日間続きます。

 

●原因

 

原因は、気圧の変化によって内耳の平衡感覚が乱れ、

自律神経のバランスが崩れることで起こります。

また、台風の通過に伴う雨や風などの気象条件も、

台風頭痛の原因になると考えられています。

 

●主な症状

 

症状は、頭痛、吐き気、めまい、倦怠感、耳鳴り、鼻水、発汗などです。

頭痛は前頭部や頭頂部に強く現れることが多いです。吐き気やめまいは頭痛に伴って起こることが多いです。

倦怠感は台風の通過後もしばらく続くことがあります。

耳鳴り、鼻水、発汗は、台風の通過に伴う気象条件が原因で起こることもあります。

 

●対処法

 

誰でも簡単にできる対処法としては、

市販の鎮痛剤や市販の酔い止め薬で対処することができます。

予防としては、台風の通過前に十分な休息をとることや、台風の通過中に無理をしないことが大切です。
台風の通過前に鎮痛剤や酔い止め薬を準備しておくとよいでしょう。

また、鍼灸治療も自律神経の乱れのケアに効果的です。

 

なかなか症状が改善しないという方は、ぜひ当院にご相談ください。

 

 

**************

 

南武線中野島駅から徒歩1分

~交通事故・労災・各種健康保険取扱い~

腰痛・肩こり・むちうち・打撲や捻挫・骨盤矯正、美容鍼などもお任せください

 

にこゆり整骨院

川崎市多摩区中野島6-25-10

TEL : 044-322-9030

Home

 

 

**************

関東大震災から100年

2023.09.01 | Category: ブログ

こんにちは!
にこゆり整骨院です

 

9/1は防災の日
今年は関東大震災から100年と節目の年ですね!!

 

私自身も改めて備蓄など確認して防災意識を
高めたいと思います♪

 

今回は、
☝️ここだけは抑えときたい
☝️あると便利
な防災リュックの中身をご紹介します

 

まず最低でも、
家族の人数×3日分
備えておきましょう

出来れば7日分を用意するのが
理想とされてます!!

 

①保存水(期限5~10年)(水)

▶︎飲水と手を洗うなどの生活用水

を合わせ、大人1日の目あすは
3リットルです!!
例:4人家族3日分=36リットル

 

②保存食

▶︎アルファ化米(お湯がなくても水戻せ、食べられるお米です)
▶︎缶詰(スイーツのものもあり、あると避難生活中のストレス軽減になります)

その他レトルト食品、ドライフルーツ、ゼリーなど

 

③簡易トイレ

1日にトイレに行く回数は平均5回です!
例:5回×7=1人35回分‪
強度や、凝固剤などをふりかけ固めそのまま燃えるゴミに出せるものなど

使いやすいものを選びましょう!

 

④モバイルバッテリー

 

⑤水のいらないシャンプー

 

などなど、例として5つご紹介しました

内閣府の防災チェックリストを載せておきます!

 

 

ぜひ参考にして頂ければと思います

自然災害が増え続けてる現状、
後悔の無いように備えたいですね!!

 

 

**************

 

南武線中野島駅から徒歩1分

~交通事故・労災・各種健康保険取扱い~

腰痛・肩こり・むちうち・打撲や捻挫・骨盤矯正、美容鍼などもお任せください

 

にこゆり整骨院

川崎市多摩区中野島6-25-10

TEL : 044-322-9030

Home

 

 

**************

夏バテしていませんか?

2023.08.25 | Category: ブログ

こんにちは。
にこゆり整骨院です。

8月も後半になりますがまだまだ暑い日が続き、

「夏バテ」になっている方もいるのではないのでしょうか?
そんな「夏バテ」について今回はお話しします。

●夏バテとは?

夏の暑さに身体が順応出来ずに現れる様々な症状を総称して夏バテと呼んでいます。
私たちは、体温が上昇すると発汗等で体温を下げようとコントロールします。

夏は多量の汗をかきやすく、水分に加えてナトリウムやミネラルなど

身体の調子を整える栄養素も排出され、体内のバランスが崩れてしまいます。

その結果、体力を消耗し夏バテを引き起します。

●夏バテになりやすい生活

みなさんは次のような生活を送っていませんか?

①冷房の設定温度が低い

涼しい環境から暑い環境へ移動すると、身体はその気温に順応しようと頑張ります。
しかし、外気温と室内温の温度差が大きいと身体への負担が大きくなってしまい、

夏バテの原因になってしまいます。

②冷たい物をよく取る

胃腸が働きやすい温度は36℃程度です。しかし冷たい飲料水や冷たい食事をたくさん取ると

胃腸の負担が大きくなり、その機能が低下します。胃腸の冷えにも注意しましょう。

③運動不足

日頃から運動不足の生活を続けると、筋肉や身体の各器官の機能が低下します。

そのため夏の暑さに対抗する防衛体力が低下しまい、夏バテになってしまいます。

④睡眠不足

私たちは寝ている間に疲労を回復します。

しかし睡眠不足では回復時間が少なくなるため身体のバランスを崩します。

睡眠不足には十分気をつけましょう。

●夏バテ予防と対策

 

夏バテ予防には、運動、睡眠、栄養のバランスが大切です。

暑い夏を乗りきるために、日常生活で出来る対策をしてみましょう。

①生活リズム

私たちは体内時計と言う機能を持っています。その体内時計は朝日を浴びると調整されます

さらに、朝ごはんをしっかり食べると身体が動く準備をしてくれます。

②しっかり睡眠を取る

疲労は睡眠中に回復されます。特に22時~2時の間は成長ホルモンなどの分泌が活発になりますので、

睡眠時間を十分に確保しましょう。
どうしても確保できない場合は、20分くらい昼寝をするのも効果的です。

③冷房設定温度を見直す

体温調節は交感神経・副交感神経のバランスによって保たれています。

しかし温度差が大きい環境では、この神経のバランスが崩れてしまいます。
冷房の設定は、外気温との差が5℃以下を目安としましょう。

④水分補給をしっかりと

 

水分補給は、のどが渇いたと感じる前に取るのが理想的です。

体重の3%に相当する水分が失われると脱水により身体の機能が低下してしまいます。

脱水症状を予防する目安として、朝・晩の体重の差が2%をこえないようにこまめに水分補給をしましょう。

⑤適度な運動をする

 

夏バテしない身体を作るには軽い運動が効果的です。

ただ、近年の夏の暑さは異常的で、日中に運動をするのは熱中症になるリスクが高くなってしまいます。
ですので、比較的涼しい時間帯、例えば朝夕に15分ずつでいいので、

軽いジョギングやウォーキングなどをしてみるのもいいでしょう。

 

また毎日の運動習慣は、エネルギーを消費し食欲を増進するため体力アップにもつながりますし、

軽い疲労感により睡眠も取りやすくなります。

夏バテの状態は、熱中症になりやすい状態でもあります。
予防と対策をしっかりとって、夏バテや熱中症にならないよう過ごしていきましょう。

 

**************

 

南武線中野島駅から徒歩1分

~交通事故・労災・各種健康保険取扱い~

腰痛・肩こり・むちうち・打撲や捻挫・骨盤矯正、美容鍼などもお任せください

 

にこゆり整骨院

川崎市多摩区中野島6-25-10

TEL : 044-322-9030

Home

 

 

**************

「頭寒足熱」

2023.08.18 | Category: ブログ

こんにちは!にこゆり整骨院です‪🌱

猛暑日続きで、日々お体にダメージは蓄積されてます🥵

夏バテはされてないですか?

 

 

夏バテ予防、疲労回復には

睡眠🛌がとても大切ですが、

 

夜も気温が高くて、寝苦しい。目が覚める。

逆にエアコンで冷えて睡眠の質が悪い🥲

 

と言った声もよく聞きます。

 

昔からの健康法の1つで
「頭寒足熱」(ずかんそくねつ) というものがあります!!

 

文字通り、頭は涼しく。足は温める。

 

そうすることで
血行改善、集中力アップ、自律神経調整、

 

などの効果があります♪

 

様々な根拠がありますが、

上半身は下半身と比べて
6℃前後体温が高い!!ということや

 

脳は日々の疲れ、ストレスでオーバーヒートを起こしやすく、
それが原因での頭痛や発熱、だるさ、めまいなどの症状に対して、

頭を冷やしてあげることが効果的!!という事です。

 

最近うまく眠れてない方は、

 

・エアコンをしっかりつける。
(風が直接当たるのはNG🙅🏻循環した冷気をお部屋に行き渡らせるのが良いです🙆‍♀️)

・足まわりにはお布団をかけてあげる。

(タオルケットよりお布団くらい温かいものが🙆‍♀️)

 

頭寒足熱、試してみてください😊

 

 

 

**************

 

南武線中野島駅から徒歩1分

~交通事故・労災・各種健康保険取扱い~

腰痛・肩こり・むちうち・打撲や捻挫・骨盤矯正、美容鍼などもお任せください

 

にこゆり整骨院

川崎市多摩区中野島6-25-10

TEL : 044-322-9030

Home

 

 

**************

美容鍼を試してみませんか?新メニュ―出来ました。

2023.08.12 | Category: お知らせ,ブログ

こんにちは。にこゆり整骨院です。

 

みなさんは美容鍼を受けたことはありますか?

 

知らない方の為にざっくりと説明しますと、

お顔に鍼を刺し、お顔の様々なトラブルを解消する施術になります。 

 

効果としましては、美容鍼を用いて真皮に微細な傷をつけることによって、

真皮細胞が傷の修復をしようとコラーゲンの分泌を促します。

これにより肌にハリと潤いを取り戻すことができます。

 

その他にもリフトアップ、しわ、ほうれい線、たるみ、くまの解消や、ニキビ改善、

頭痛改善など、様々な症状に効果があります。

そんな美容鍼に今回「新メニュー」が出来ましたので、紹介させていただきます。

ほぐし(30分)+美容鍼S(顔のみ)

通常ですと7,350円のところ

新メニューでは700円引きの6,950円でご案内させていただきます!!

また初回の方限定で、

新メニュー6,950円からさらに300円引きの6,650円でご案内させていただきますので、

この機会にぜひ美容鍼 始めてみませんか?

詳しくは当院にお尋ねください!

 

**************

 

南武線中野島駅から徒歩1分

~交通事故・労災・各種健康保険取扱い~

腰痛・肩こり・むちうち・打撲や捻挫・骨盤矯正、美容鍼などもお任せください

 

にこゆり整骨院

川崎市多摩区中野島6-25-10

TEL : 044-322-9030

Home

 

 

**************

目の日焼け対策

2023.08.05 | Category: ブログ

こんにちは、にこゆり整骨院です。

まだまだ暑い日が続きますね。
私はこの猛暑で、初めてサングラスを購入しました。

目から日焼けをする👁

 

とたまに聞きますが、

これは、
目から紫外線が入ったことを脳が察知して、
体内でメラニン色素を作ってしまうからです!!  
(メラニン:肌の色を濃くすることで紫外線のダメージから肌や髪を守る役割のある細胞。日焼けやシミの原因)

なので、せっかく日焼け止めを塗ったり、長袖を着たり、UV対策をしていても、

体の中から日焼けしてしまうのです。

 

目の日焼け対策もしっかりしてあげましょう!

 

・UVカットのサングラス着用

・日傘や帽子の着用

・目薬などで目に潤いを
涙は角膜を覆うことで紫外線を
ブロックしてくれています!

もし日焼けをしてしまった時は↓

目を休ませて(閉じて安静に)、
ヒリヒリ感が治まるまで冷やしてあげましょう。

歴史的な猛暑、日焼け対策も
いつもより丁寧にしたいですね♪

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

 

**************

 

南武線中野島駅から徒歩1分

~交通事故・労災・各種健康保険取扱い~

腰痛・肩こり・むちうち・打撲や捻挫・骨盤矯正、美容鍼などもお任せください

 

にこゆり整骨院

川崎市多摩区中野島6-25-10

TEL : 044-322-9030

Home

 

 

**************

熱中症対策をしましょう

2023.07.29 | Category: ブログ

こんにちは。にこゆり整骨院です。

今回は熱中症についてお話します。

 

熱中症は、体調が悪いなどの身体的要因や気温、

湿度の上昇で暑さに体が慣れていない環境的要因などで、

体内の水分と塩分バランスが崩れ、体の調整機能が正常に働かなくなることで起こる症状です。

 

熱中症の初期症状ではめまいや立ちくらみ

一時的な失神などが起こります。

大量に汗をかいているにも関わらず、

水分不足の状態が続いたり塩分を補給しなかったりすると、

熱けいれんや頭痛・吐き気・倦怠感などの症状がでます。

 

体の状態を3段階に分けて表現することになっています。

 

1度:めまい、立ちくらみ、吐き気、生あくび、大量の発汗、筋肉痛、筋肉の硬直(こむら返り)

2度:頭痛、嘔吐、だるさ、脱力感、集中力や判断力の低下

3度:意識や反応が低下する、全身がけいれんする

 

1度が軽症、3度が重症です。

このうち、1度はその場で対処可能ですが、2度以上は医療機関の受診が必要となります。

頭痛は2度の熱中症の目安になるので、頭痛が目立つときは無理をせず病院に行く事をおすすめします。

 

軽い熱中症(1度の熱中症)に対する応急処置としては、以下点にまず気をつけます。

 

直射日光を避ける

○風通しの良い場所、または、冷房の効いた室内へ移動する

○太い血管がある場所(首、脇の下、足の付け根)を冷やす

○休んだ後に、水分と塩分を十分にとる

 

体を冷やすときは血管の近くを冷やすと、

体の表面だけでなく体全体を効率良く冷やすことができます。

また、クーラーだけでなく扇風機も有効です。

冷たい風を送るだけでなく、体の表面の汗が蒸発する際に体の熱も一緒に逃がしてくれるためです。

 

 

また熱中症で注意したいのは脱水症状です。

 

脱水による熱中症は、体内の水分不足が大きな原因と言われています。

水分補給の習慣を身につけると同時に、お水を飲むタイミングや回数、飲む水の温度にも気をつけてみましょう。

 

〜水分を摂るタイミングと対策〜

 

○朝起きてすぐは脱水状態です。お水を飲んで新陳代謝を促しましょう。

○食事中に飲むと消化吸収もスムーズに。食前に飲むことで食べ過ぎ防止にもなります。

○汗をたくさんかいたときには、塩分を含む飲み物を摂りましょう。

○入浴前後の水分補給で発汗を促しましょう。

○就寝前にコップ1杯の水を飲み、就寝中の脱水予防をしましょう。

 

*注意*

カフェインの入った飲み物は利尿作用が強くなるので避けましょう。

 

〜対策〜

 

○外出時は日傘や帽子を使用し、直射日光を避けましょう。

○吸収性や速乾性のある通気性の良い衣服を着用しましょう。

○長時間、外で活動する際は日陰などでこまめに休憩をとりましょう。

○室内では扇風機やエアコンなどで温度調整をしましょう。

 

 

水分補給や対策をしっかり取って、この酷暑を乗り切りましょう!

 

 

 

**************

 

南武線中野島駅から徒歩1分

~交通事故・労災・各種健康保険取扱い~

腰痛・肩こり・むちうち・打撲や捻挫・骨盤矯正、美容鍼などもお任せください

 

にこゆり整骨院

川崎市多摩区中野島6-25-10

TEL : 044-322-9030

Home

 

 

**************

ペットボトル症候群って知っていますか?

2023.07.22 | Category: ブログ

こんにちは。にこゆり整骨院の甲斐です。

毎日暑い日が続いていますが、みなさん水分補給はしっかりできていますか?

今回は夏に多い“ペットボトル症候群”についてのお話です。

 

  • ペットボトル症候群とは?

ペットボトル症候群は、正式名称を清涼飲料水(ソフトドリンク)ケトアシドーシスといいます。

糖質を多く含むジュースや炭酸飲料、スポーツドリンクなどを大量に飲むことによって発症する

糖尿病の一形態です。ペットボトル飲料に限らず、

糖分が入った缶ジュースや紙パック飲料などでもペットボトル症候群を引き起こすことがあります。

 

  • どんな症状が出るのか?

ペットボトル症候群の症状は基本的に糖尿病と同じ症状です。

倦怠感やイライラ、喉の渇き、多尿、吐き気などが見られ、

重篤な場合は意識障害など命に関わる症状が出てきます。

糖尿病と診断されてなくても、日常的に清涼飲料水を飲む人や水の代わりに

清涼飲料水で水分補給をする人、そして10代~30代の男性が圧倒的に発症しやすいです。

また、糖尿病など生活習慣病の傾向がある人に発症しやすく、

小さい子供でも発症する場合があるので注意が必要です。

 

  • 意外に多い清涼飲料水の糖質量 ~3gのスティックシュガーの何本分??~

・缶コーヒー190ml     →約5本

・缶コーヒー190ml(微糖) →約2本

・100%オレンジジュース、りんごジュース200ml →約7本

・スポーツ飲料500ml  →約8本

・スポーツ飲料カロリーオフ →約8本

・炭酸飲料350m     →約14本

これらの清涼飲料水に含まれるブドウ糖は体内への吸収が早く、

血糖値が急上昇しやすいので飲みすぎないよう注意が必要です。

 

  • 対策方法

水分補給の仕方が大事なポイントになってきます。

水分,ミネラルバランスが崩れると熱中症になりやすく、

糖分が多すぎるとペットボトル症候群になりやすくなります。

 

世界保健機構(WHO)は砂糖を摂取する量の上限を

1日に摂取するカロリーの5%未満とするべきだという指針を発表しています。

これは、平均的な成人の場合25g程度にあたります。

500mlのジュースを1本飲むだけでも簡単に1日の摂取量の上限を超えてしまうこともあります。

できるだけ水やお茶など、糖分が含まれていない飲み物を選んで飲むことを心がけましょう。

 

これから暑い日が続きますが、熱中症対策をしっかり行い、暑い夏を乗り切りましょう!

 

 

**************

 

南武線中野島駅から徒歩1分

~交通事故・労災・各種健康保険取扱い~

腰痛・肩こり・むちうち・打撲や捻挫・骨盤矯正、美容鍼などもお任せください

 

にこゆり整骨院

川崎市多摩区中野島6-25-10

TEL : 044-322-9030

Home

 

 

**************

ぎっくり腰に注意!

2023.07.14 | Category: ブログ

こんにちは。にこゆり整骨院です。

 

夏場のギックリ腰にご注意を!!

 

最近の異常なまでの暑さで、冷房をつけたという方も多いと思います。

今日はそんな冷房が原因で起きる、夏場のギックリ腰についてお話します。

 

腰痛は一般的に寒い時期に悪化すると思われています。

しかし、夏場でもエアコンなどの冷房による体の冷えや、

冷たい飲食が影響で腰痛になってしまうこともあるんです!

 

*夏に腰痛が増える主な原因*

 

①冷房による冷え

 

夏に起きる腰痛の原因のひとつに血行不良が挙げられます。

夏場の血行不良は、エアコンの冷房により体が冷えて起こりやすくなります。

冷房により体が冷やされると、筋肉や血管が収縮して全身の血の循環が低下します。

 

すると、体は寒さから命を守るために、

生命の維持に必要なさまざま臓器がある体の中心部に優先して血液を送るようになります。

結果、腰への血液の供給は後回しにされることになり、

血行不良により筋肉が硬直して腰痛を引き起こします。

 

さらに腰の筋肉がこわばった状態が続くと、血管が圧迫されることによる血行不良を

引き起こすという悪循環に繋がってしまいます。

また、屋内外の温度差による自律神経の乱れも夏の腰痛の原因です。

 

屋内が冷房で冷やされていることにより、気温の高い屋外と涼しい屋内で極端な温度差ができます。

 

温度差がある屋内と屋外の出入りを繰り返すたびに体に負担がかかり、

自律神経の乱れにつながります。

自律神経が乱れると体温や血流の調整がうまくできなくなり、

血行不良によって腰痛を引き起こすといわれています。

 

②食べ物や飲み物による冷え

 

夏になると、暑さで食欲がなくなることが理由でそうめんやざるそばなどの

冷えた食べ物を好むことが多くなります。

また冷えたビールやジュースなどを飲む回数が増えます。

 

しかし、冷たい飲食物を摂り続けると腎臓が冷えて機能が低下してしまいます。

腎臓の機能が低下すると、泌尿器系の働きが悪くなり腰痛につながることもあります。

 

冷たい食べ物や飲み物の摂りすぎには、十分注意しましょう!!

 

③運動不足による血行不良

 

夏は気温が高くなることから体力の消耗を懸念して

積極的に体を動かすことを避けようとするため、運動不足になりがちです。

 

運動不足によって筋肉量が低下すると体に必要な熱を作り出せなくなり、

血流が悪くなってしまい腰痛が起きます。

さらに筋肉量が減ると背骨を支える力が衰えるため、腰にかかる負担が増えて痛みにつながります。

 

気温が高くなる夏場は、屋内や涼しい時間を利用して運動不足にならないよう

ストレッチなどの適度な運動をすると血行不良が防げます。

 

デスクワークが増えて長時間同じ姿勢でいるときも筋肉が硬直して血流が悪くなるため、

同じ姿勢で座りっぱなしにならないように注意しましょう!!

 

*対策*

 

①体を冷やしすぎないようにする

 

人の出入りが多い場所、飲食店や電車の中は冷房の温度が低めに設定されていることが多くあります。

ですので、冷房対策としてカーディガンなどの羽織る物を持ち歩き、

衣類で上手くコントロールして体を冷やしすぎないようにしましょう。

 

②湯船に浸かる

 

夏は気温が高いことから、入浴時は湯船につからずにシャワーで簡単に済ませがちです。

しかし、体は日中の冷房で冷えているため、できる限り湯船に浸かって体を温めるようにしましょう。

毎日湯船につかることが難しい場合は、

2~3日に1回などでいいので、まずは日数を増やすことを意識します。

湯船につかる際は体を芯から温め、血流を良くするといいでしょう

お湯の温度は38~40度のぬるめに設定し、

みぞおちくらいまでつかり、入浴時間の目安は15分程度がおすすめです!

 

こういった対策をしても、夏場の腰痛に困っていてなかなか改善が見られない時は、ぜひ当院にご相談ください。

 

 

**************

 

南武線中野島駅から徒歩1分

~交通事故・労災・各種健康保険取扱い~

腰痛・肩こり・むちうち・打撲や捻挫・骨盤矯正、美容鍼などもお任せください

 

にこゆり整骨院

川崎市多摩区中野島6-25-10

TEL : 044-322-9030

Home

 

 

**************

所在地〒214-0012 神奈川県川崎市多摩区中野島6-25-10-102
電話番号044-322-9030